循環ろ過配管洗浄事例 | 温泉スケール除去・スパテック東京〜スパテックが行う循環ろ過回路のスケール洗浄のについてご紹介します〜

循環ろ過配管スケール洗浄事例

スケールやバイオフィルムの付着によってもたらされるの様々な弊害は温泉管理者にとっては悩みの種です。
スパテックではできるだけコストを低く抑えるため、設備をいかに長持ちさせるかという観点で様々な事例に対応
しています。その中で循環ろ過回路におけるよくある事例について紹介しています。

お客様の要望

事例1:ろ過機・ろ過材
ろ過材を交換すると高価になるので何か別の方法はないか?
事例2:熱交換器
熱交換器にスケールが詰まって温度が上がらずに困っている。全部取り替えると費用が高くなるので何とかして欲しい。
事例3:循環ポンプ
循環ポンプの不具合があるのか、湯量が少なくなって困っている。交換せずに解決する方法はないか?
循環ろ過回路スケール洗浄前イメージ

スパテックの対応事例

対応1:ろ過機・ろ過材
スケールの付着によってろ過材が硬化すると、ろ過機の中にお湯の通路ができます。そうなると、単純にお湯
が通過するだけになり浴槽の湯はろ過されません。通常の場合、ろ過材の交換によって対応する場合がほとん
どですが、スパテックではろ過材を強力型のスケール洗浄剤で洗浄することで対応しました。その結果、
ろ過材が想像以上に綺麗になってろ過材の寿命が延びた上に、コストも安くできたと感謝されました。
対応2:熱交換器
熱交換器にスケールが付着してくると、詰まって熱伝導の効率が悪くなり温度が上がりにくくなります。
対応策としては部品交換か付着したスケールの除去が必要となります。
スパテックではコストの安い薬品洗浄によるスケール除去にて対応しました。
その結果、部品交換することなく安価で温度が正常に戻り、大変喜んで頂きました。
対応3:循環ポンプ
湯量が少なくなっている場合は、主に配管の詰まりや循環ポンプの不具合などですが、いずれもスケールの付
着が原因であることがほとんどです。よって配管内及び循環ポンプに付いたスケールをしっかり除去すること
で、機器の交換をすることなく解決しました。
設備を長持ちさせるという観点から、定期的なメンテナンスをおすすめしました。
循環ろ過回路スケール洗浄後イメージ

スパテックのスケール洗浄サービスでは、循環ろ過配管を丸ごと洗浄することが可能です。

各種お問い合わせ
製品・サービスやメンテナンス等のご質問・ご相談はWeb・電話で承っております。お気軽にご連絡ください。
スペースcb
ホームページからのお問い合わせ
電話からのお問い合わせ

PAGE TOP